【 執筆者様のご紹介 】

御園治療院
院長 中村秀一

【記事内容】:
上肢と手の指の関係

【読者に伝えたいこと】

上肢の疾患に一つ指標となるものがあります。それは指先です。
指先の状態を観察することで、正常と異常を簡単に短時間で見分けることができます。
しかも力を使う必要はありません。

鍼灸には井穴というツボがあり、そこから全ての経絡が流れていると説明されています。DIP関節の動きに注目してみると、その全体像に法則性があることがわかります。経絡と関節の動きをつなげるきっかけになります。

ぜひ読んでいただきたいと思います。

閲覧者数 21

鍼灸や柔整情報のポータルサイト

無料登録はこちら