まずは論より証拠。急性の腰痛の患者さんが来院されたら、写真のように骨盤を持ち上げてみてください。

腰の右側が痛い人なら右の骨盤を、左側なら左の骨盤を45度くらいの角度までそおっと持ち上げます。その位置で痛みを感じなければ90秒間その姿位を保持してください。90秒後もう一度そおっと骨盤をもとに戻します。

どうですか?患者さんの痛みは和らぎました?

初めはうまくいかないかもしれません。でも、そうですね、7割くらいの患者さんには効果があったんじゃないかな?うまくいかなかったケースにももちろん理由があってそういうケースにもちゃんと対応法があります。

巷の整骨院では「骨盤矯正」が大流行のようです。骨盤矯正は確かに有効な手段ではありますが、「患者さんの状態によって効くケースと効かないケースがある」のもまた事実です。

私は骨盤矯正から臨床の世界に入りましたからよくわかるのですが、「腰が痛い」という主訴の患者さん全員に骨盤矯正を施術すればどうなるか。きっと、「一度の施術でずいぶん楽になった」方もおられるでしょうが「あんまり変化がない」とか場合によっては「かえって痛くなった」というケースも当然あるわけですよ。

腰椎に問題があって腰の痛みを訴えるケースに骨盤矯正を行っても効果がないのは当たり前の話なのですが、「腰痛の原因はすべて仙腸関節」という刷り込みをされてしまうと、なかなかそういう発想になれないのも事実です。せっかく骨盤矯正を学んでも、うまく効果が出せないと意欲が削がれてしまいますよね。

骨盤に限らず骨格矯正とか整体とかを臨床で使うときには、「安全性」も気になります。

いわゆるスラスト法、高速度低振幅の手技は医療有資格者がきちんと練習すればさほどの危険性はないと思うのですが習得に時間がかかります。

それからこれは小声で言うのですけど、器用不器用の差はやっぱり出ます。そうして体力を使います。健康保険を使っていたころは直接法オンリーで臨床をやっていましたから忙しい日なんかはもう大変でした。

さらに骨をポキポキ鳴らすスラスト法を怖がる患者さんもおられます。そんなこんなで、せっかく習った手技を使わなくなってしまうケースもよく聞きます。

というわけで、1.どういうケースでどういう処置をすればいいか 2.安全で効果的で、なおかつ修得が容易な手技療法 というテーマでセミナーを計画してみました。内容はこんな感じです。

1.カウンターストレイン、マッスルエナジーテクニックの原則

2.ぎっくり腰の急性期

3.ぎっくり腰 亜急性期  痛みはとれたけど腰が伸びない

4.同じく亜急性期  側屈がしんどい

5.ずっと腰が痛い 骨盤の診かたと矯正法

6.妊婦の腰痛について  むしろ産後の腰痛、骨盤底筋の緊張のほうが問題だったりする

7.坐骨神経に沿った痛み (L4,5の矯正)

8.腰仙部の解放

9.椎骨の前方変位とすべり症

10.仙骨の診かたと矯正

11.腰をいくら調整してもうまくいかないとき―頭蓋仙骨系の概説・適応・禁忌

12.第4脳室圧迫またはCV-4

13.頭蓋底の解放と脊髄硬膜の牽引

14.C1、C2の調整  頭痛のケアについて

15.後頭骨と仙骨のシンクロニシティ

16.下部胸椎の調整 猫背矯正

17.質疑応答

カウンターストレインは患者さんの痛みが和らぐ肢位を見つけてその肢位で90秒保持する手技で、安全性も高く、患者に一切の苦痛を与えません。また、修得も比較的容易で短期間で臨床に応用可能です。

腰痛のケアに頸椎の調整が有効なことも、頭痛のケアに仙骨の調整が有効なこともあってちょっと変わった名前のセミナーになりました。今回は4名の少人数でのセミナーです。人数が少ない分、濃厚?なセミナーになると思います。

なおセミナーの録音録画はお断わりしております。遵守いただけない場合は会場からのご退出をお願いすることもございます。その際の受講料は返還いたしません。

  • 令和4年12月11日(日曜日)午前10時から午後16時(途中1時間休憩あり)

  • 一般社団法人 日本頭蓋仙骨療法協会 

    JR、大阪メトロ御堂筋線「新大阪」駅下車徒歩5分

    会場の詳細につきましてはお申し込みの際にお知らせいたします。

  • お申し込みはcranioyasu0220@m.speedia.jpまでメールでお願いいたします。

    件名は「12月11日セミナー参加希望」 お名前とメールアドレス、お電話番号(緊急連絡用、携帯で結構です)をお知らせください。追って会場の詳細と受講料振込先を連絡いたします。お振込完了をもって受付といたします。

    受講お申し込み締め切り 令和4年12月7日

    なお当方ではマスクの着用と手指の消毒が感染症対策に有効と考えています。セミナー参加者にもマスクの着用と趣旨の消毒をお願いしております。以上に納得、賛同いただけない方のお申し込みはご遠慮いただいております。

  • 参加費用 25,000円

  • 「4名」
  • 一般社団法人 日本頭蓋仙骨療法協会
  • 金谷康弘

  • https://cranio-osaka.jimdosite.com/
  • +819059737296
  • cranioyasu0220@m.speedia.jp
コメントは利用できません。

鍼灸や柔整情報のポータルサイト

無料登録はこちら