頭蓋骨調整を学んで、臨床の幅を広げませんか。

頭痛、眼精疲労、不眠…。コロナ禍以降、こういう症状の相談を受けることが増えていませんか。ストレスによる「病気というほどではないけれどなんかしんどい」症状を「なんとなく不調」と呼ぶそうです。医療機関にかかる人が少ない理由に「どこで診てもらったらいいのかわからない」と答える人が多いとも言います。

こういう症状こそ、補完医療の独擅場だと思うのですがいかがでしょうか。頭蓋仙骨療法は次の3つのパターンの症状に威力を発揮します。

1.眼や耳、鼻の症状。眼精疲労や耳鳴り、鼻詰まり、顎の痛みなど。

2.各種の痛み。脊椎や骨盤を調整してもなかなか改善しなかった腰痛。坐骨神経痛。頭痛。肩こりなど。

3.自律神経の不調。不眠、不安感、集中力がない、学習の問題。

また、頭蓋仙骨療法の施術は大変リラックスできて気持ちいです。たいていの患者さんは施術開始後数分経たないうちに爆睡されます。

ほかの治療法と相性がいいので、現在お使いの技術と組み合わせることで院の独自性を出すこともできます。

当セミナーは従来難解とされてきた頭蓋骨調整法をわかりやすく、臨床の現場でも使えるようにお伝えします。

  • 令和5年2月19日(日)、3月19日(日)の二日間。両日とも午前10時から午後4時まで。(途中休憩あり)

  • 日本頭蓋仙骨療法協会 かなや整骨院

    〒532-0011

    大阪府大阪市淀川区西中島6‐2‐3チサンマンション第7新大阪719

    JR並びに大阪メトロ「新大阪」駅下車徒歩5分

  • お申し込みは下記アドレスまでメールでお願いします。件名は「頭蓋仙骨療法ベーシックセミナー受講希望」、お名前、メールアドレス、お電話番号(緊急連絡用、携帯可)をお知らせください。追って受講料振込先をお知らせします。受講料のお振込をもってお申し込み受付といたします。なお、いったん振り込まれた受講料は理由の如何を問わず返金しません。なお主催者は、マスクの着用並びに手指の消毒が新型コロナウイルスをはじめとする感染症対策に有効と考え、受講生の皆様にもお願いしております。この考えにご賛同いただけない方は受講をお控えになるようお願いします。セミナーの録音録画はお断りしております。受付締め切り令和5年2月15日(水)

  • 50000円(資料代込み)

  • 4名
  • 一般社団法人 日本頭蓋仙骨療法協会
  • 金谷康弘
    柔道整復師専科教員、一般社団法人日本頭蓋仙骨療法協会代表理事

  • https://osteo-osaka.com/
  • +819059737296
  • cranioyasu0220@m.speedia.jp
コメントは利用できません。

鍼灸や柔整情報のポータルサイト

無料登録はこちら